1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電磁場解析ソフト(電磁界シミュレータ)コンシェルジュ>
  4. 動磁場/動磁界(渦電流)解析ソフトウェア PHOTO-EDDYjω

動磁場/動磁界(渦電流) 周波数応答 解析ソフトウェア  シミュレータ

有限要素法による動磁場の周波数応答解析ソフトウェア

(動磁界シミュレータ)

誘導加熱装置の渦電流解析例

誘導加熱装置の渦電流解析

モジュール構成

2次元/軸対称/3次元用モジュール

特長

マルチスレッド並列処理による高速化が図られています。

大規模モデルの計算にも対応しています。

PHOTOシリーズ専用プリ・ポストと一体型となっているため、データ作成から解析そして結果処理が一連の操作として行えます。

他のPHOTOシリーズモジュールと一体化しているので、電磁場/電磁界解析によって求めた発熱から、温度分布を求めるような連成解析が簡単にできます。

エッジエレメント法および ICCG 法の併用により、画期的な高速化が達成されています(従来の有限要素法の数十倍)。

ニュートンラプソン法/直線探索法が選択できますので、非線形計算をより高速に行うことができます。

正弦波入力で、なおかつ線形近似が成り立つ場合、時間ステップをおって計算しなくても1回の計算で結果が得られます。

有限要素法により解が安定し、初心者でも安心して使えます。

2次元磁気特性入力機能により、等方牲、異方性または線形、非線形を問わず、磁性体を統一的に扱うことができます。

外場併用機能により、遠方に離れた磁性体を解析する場合、空間メッシュ作成が容易です。

熱伝導解析、応力解析、および流体解析との連成計算が容易です。

機能

透磁率の線形、非線形(B-HまたはB-M)を考慮した解析ができます。

透磁率の異方性が考慮できます。

電気伝導率の線形異方性を考慮した解析ができます。

透磁率と電気伝導率の温度依存性を考慮した解析ができます。

回路素子により外部回路を定義し、外部回路を含む解析を行うことができます(3次元)。

複数の位相の異なる電流の入力ができます。

変動磁場/変動磁界内の導体に生ずる渦電流を考慮した解析ができます。

表皮層要素自動作成機能により、渦電流が発生する他に較べて極端に薄い層を簡単に作成できます。

一次側電流の表皮効果の影響を考慮できます。

近接効果を解析できます。

磁性体や電流に働く電磁力をマックスウェルの応力、ロ-レンツ力、節点力法で計算します。

電磁エネルギーの計算により、コイルの自己および相互インダクタンスを計算できます。

磁場解析結果を外場として取り込み、連成解析を行うことができます。

スライドインターフェイスにより、互いに運動する物体を解析できます。

PHOTO-EDDYによる非線形磁場解析の結果得られるファイルの透磁率を使い、磁化特性の非線形を考慮した解析ができます。

解析結果として、磁束密度、磁場の大きさ、磁化、渦電流、発熱密度、電磁力、蓄積エネルギーなどがそれぞれ実部および虚部の成分として得られます。

要素磁石/要素電流密度/発熱密度/節点力の解析結果を荷重条件に変換こするとができます。

解析事例

外場併用法を用いた高周波誘導加熱解析(渦電流解析)

外場機能を用いたRFIDカードの磁性シートの効果に関する解析

適用分野

渦電流の関与する現象のシミュレーションが必要となる分野。

リニアモータ、磁気ヘッド、非破壊検査(渦流探傷)、 誘導加熱、自由電子レーザ、誘導機、RFID関連など

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ