1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電磁場/電磁界解析コンシェルジュ>
  4. PHOTO-Series 製品概要 >
  5. 電磁波解析八木・宇田アンテナの解析事例

誘導加熱解析事例

電磁界 FDTD 過渡応答

八木・宇田アンテナの解析

平面波の電磁波が入射したときの解析をPHOTO-FDTD
使用し、行いました。

八木・宇田アンテナは、短い素子からなる導波器と、長い素子
からなる反射器およびその中間に位置する輻射器(給電部)から
構成される指向性を持ったアンテナです。

八木・宇田アンテナに平面波の電磁波が入射したときの解析を
行います。

アンテナ素子は完全導体として 扱います。

図1 ~ 図2に解析の概要を示します。
八木・宇田アンテナの解析領域

図1 : アンテナと解析領域
八木・宇田アンテナの解析 外観図

図2 :アンテナ拡大図
結果表示の例として、電場強度の時間的な変化を
アニメーション化してみました。
八木・宇田アンテナの解析

図3:電界強度

ページトップへ