1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電磁場解析ソフト(電磁界シミュレータ)コンシェルジュ>
  4. 電磁波解析ソフトウェア PHOTO-FDTD

電磁波解析ソフトウェア 高周波

時間領域法による3次元高周波過渡応答解析ソフトウェア

(高周波電磁界シミュレータ)

平面波の散乱(散乱界)の例

電磁波解析 平面波の散乱

CAEの分野では、計算機の性能の向上を背景に、より現実の製品に近い大規模解析の必要性が高まってきています。
しかしながら、大規模解析を行うにあたっては、計算に時間がかかるだけでなく、解析モデルの作成や解析結果の処理・可視化にも多大な労力と時間を必要とします。
PHOTO-FDTD は特に高周波解析の分野において、大規模解析を容易にするために開発されたソフトウェアです。CADで作成した形状データから自動でメッシュ作成をするなど、モデルの作成や結果の可視化を容易に行うことができます。
また、計算手法としてはFDTD法を採用しており、計算の高速化を図っています。

解析の流れ 解析の流れ

電磁波解析 解析モデル 解析モデル
電磁波解析 STLファイル STLファイル
電磁波解析 ボクセル作成 ボクセル作成
電磁波解析 解析結果描画

モジュール構成

3次元用モジュール

特長

大規模モデルを容易に解析するために開発されたソフトウェアです。

大規模解析モデルの作成や結果の可視化を容易に行うことができます

計算手法としてFDTD法を採用し、計算の高速化を実現しました。

プリポストとして VOXELCON を採用して、複雑な形状でも数秒でメッシュ作成が可能です。これによりモデル作成の手間を大幅に軽減できます。(PHOTOシリーズ専用プリポストGRADEには非対応)

パソコンによる大規模計算(数千万メッシュ以上)が可能になります。

機能

FDTD法による高周波3次元電磁場解析ソフトで、過渡応答解析を行います。

インピーダンス境界による無限領域の計算が可能です。

外場による平面波の入力が可能です。散乱波と合成波の出力が選択できます。

インピーダンス、Sパラメータ等の出力が可能です。

リスタート機能があります。

パルス等の非周期的な電磁波の挙動を追跡することができます。

VOXELCON により、STLデータ等から自動的にメッシュを作成することができます。

VOXELCON により、大規模データの可視化が高速に行えます。

解析事例

マイクロストリップラインの高周波解析

導体球による電磁波の散乱の解析

八木・宇田アンテナの解析

適用分野

高周波電磁場/高周波電磁界の関与する現象のシミュレーションが必要となる分野。

電磁シールド、電子レンジ、空洞共振器、モード変換素子、EMI関連など。

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ