1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電磁場解析ソフト(電磁界シミュレータ)コンシェルジュ>
  4. 電磁波解析ソフトウェア PHOTO-WAVEMP

電磁波解析ソフトウェア

多重極展開による電磁波周波数応答解析ソフト

(EMI対策シミュレータ)

電波暗室の電場分布の解析例

電磁波解析ソフト WAVEBM

モジュール構成

3次元用モジュール

特長

電場分布を容易に可視化することができます。

真空中の電磁波を前提にしているので、物性値を設定する必要がありません。

電波の無反射空間を前提にしているので、床面の反射条件以外は境界条件を設定する必要がありません。

計算時間は非常に短く、数秒から数分程度です。

PHOTOシリーズ専用プリ・ポストと一体型となっているため、データ作成から解析、そして結果処理が流れ作業で行えます。

機能

電磁波の多重極展開による高周波解析ソフトウェアで、周波数応答解析を行うモジュールです。

電波暗室での計測データをもとに、多重極モーメントを計算します。

多重極モーメントから、遠方での電場分布を推測します。

電波暗室の床面は電波の完全反射の条件が設定できます。

解析事例

近傍場のデータから遠方場の推測(電磁波解析)

適用分野

特に電波源の近傍場から遠方場の推定など。EMI・EMC関連。

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ