ITアシストコム株式会社

  1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電磁場/電磁界解析コンシェルジュ>
  4. 磁界解析ソフト F-MAG 製品概要 >
  5. F-MAGによる磁界解析事例 >
  6. シールド効果解析





誘導加熱解析事例

磁場/磁界 有限要素法 静解析

シールド効果解析

MRI医療装置、電源変圧器などからは漏洩磁束が発生します。
したがって、これらの装置の近くに、磁界に敏感な精密測定装置などが設置された
場合、この漏洩磁束をシールド材で遮断する必要が出てきます。
このシールド効果は一般的には磁束密度線図で表しますが、今回は、外側に漏れる
磁束量を計算することにより、効果を評価してみました。 MRI装置が設置された部屋
の壁、天井、床に磁性材料でシールを施した場合シールド材の種類、厚さにより、
外側に漏れる磁束量がどのように変化するか、磁界解析ソフトウェアF-MAGで解析
しました。

解析モデルの外観形状は、右図の通りです。
1/2モデルで解析する都合上、 MRI装置は
中央に設置しました。
シールド効果 モデル外観図
モデル外観図
今回シールド材として、珪素鋼板とアモルファス
鋼板を採用し、解析しました。
以下のような厚さで解析を行いました(単位:mm)。
シールド効果
シールド効果 モデル外観図

磁束の計算位置は下図の通りです。
磁束に垂直な計算面を定義できるように1/2モデルで解析しました。

シールド効果 磁束量   シールド効果 磁束量
解析結果は右図の通りです。

アモルファス鋼板は透磁率が珪素鋼板よりも
はるかに大きいため、厚さ0.5mmで95%近くの
磁束をシールドできますが、珪素鋼板では、
目的に応じた厚さが必要なことがわかります。
シールド効果 磁束

ページトップへ