1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 高周波誘導加熱コンシェルジュ>
  4. 磁界・熱伝導強連成解析システム F-MAG-SCA


磁界・熱伝導連成解析システム F-MAG-SCA

F-MAG-SCAは、本格的に強連成解析ができる高機能な磁界・熱伝導連成解析ソフトウェアです。
強磁性体の誘導発熱による熱伝導解析など、幅広い連成解析ニーズに対応しています。
CAD データの読み込みからモデルの作成、解析実行、ポスト処理まで、マウス操作と最小限の入力作業で、高度な動磁界と熱伝導の連成解析が簡単にできます。

磁界・熱伝導連成解析システム F-MAG-SCA

磁界・熱伝導連成解析

強磁性体が高温にさらされると、その磁性を失います。
このような現象を解析するためには、透磁率の温度依存性を考慮した解析が必要になりますが、手動による連成解析では操作が煩わしいのが現状です。この作業の自動化を図り、簡単に強連成解析ができる環境を実現しました。連成解析の自動化により、操作手順が少なく、使いやすい、そして精度よく解析できる環境を実現しました。
磁界・熱伝導連成解析

誘導加熱による
歯車の焼き入れの解析例

特 長

有限要素法による動磁界周波数応答解析と熱伝導過渡応答解析の連成解析ができます。

それぞれ単独で動磁界周波数応答解析と熱伝導過渡応答解析ができます。

3次元および2次元および軸対称モデルに対応しています。

エッジエレメント法とICCG法の併用で計算の高速化を実現しています。

透磁率の線形、非線形(B-H/B-M/温度依存性)、異方性を考慮した解析ができます。

電気伝導率の線形、非線形(温度依存性)を考慮した解析ができます。

熱伝導率の線形、非線形(温度依存性)を考慮した解析ができます。

比熱の線形、非線形(温度依存性)を考慮した解析ができます。

Parasolid、ACIS 等の各種CADデータを利用することができます。

変動磁界内の導体に生ずる渦電流を考慮した解析ができます(表皮効果)。

解析手順に沿ってタブが構成され、初めての方でも簡単に解析できます。表皮層要素自動作成機能により、渦電流が発生する極端に薄い層を簡単に作成できます。

スライドインターフェイスにより互いに運動する物体を解析できます。

平行移動、回転移動で、周期境界条件、反周期境界条件を設定することができます。

初心者から高度な解析が必要な方まで広範な機能を提供します。

必要な操作手順はWeb上の動画で習得できます。

機能概要

3次元CADデータを利用することができます。

磁界・熱伝導連成解析

F-MAGでは次の物性を定義することができます。

比透磁率
  等方性線形
  等方性非線形 ( B-H/B-M)
  等方性非線形 ( 温度依存性 )
  異方性線形
  異方性非線形
物性定義
電気伝導率
  等方性線形
  等方性非線形 ( 温度依存性 )
  異方性線形
  異方性非線形
電気伝導率

渦電流計算用表皮層の自動作成

動磁場/動磁界では導体の表面に渦電流が発生します。 渦電流は、導体の極めて薄い表皮層に発生しますので、渦電流量を正確に計算するためには、解析モデルの導体部分の表面に、この薄い表皮層を作成する必要があります。この表皮層の厚さを、計算ダイアログで簡単に計算することができます。

表皮層作成

この計算結果を基に必要な表皮層の厚さを設定し、簡単に作成することができます。

表皮層作成

スライドインターフェイスにより互いに運動する物体を解析できます。

平行移動、回転移動で、(反)周期境界条件を設定することができます。

入力条件として、コイルに電流、電圧、電流密度、磁石に磁化を設定できます。

外部回路を定義し、外部回路を含む解析を行うことができます(3次元)

閉曲線を指定することにより、その中を通過する磁束を計算できます。

プログラムにより外場を入力することができます。

適用分野

渦電流による発熱現象のシミュレーションが必要となる分野。

誘導加熱装置、IH調理器など

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ