ITアシストコム株式会社

  1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 高周波誘導加熱コンシェルジュ>
  4. 誘導加熱の原理


高周波誘導加熱解析ソフトウェア F-MAG-IH

高周波誘導加熱では、被加熱物表面の極めて薄い層にうず電流(渦電流)が発生
しますので、これを精度よく解析できることが求められます。
したがって、高周波誘導加熱解析に使用できるソフトウェアとして、以下の条件が
求められます。

(1) 高周波誘導加熱解析ソフトウェアには、磁界と熱伝導の連成解析機能が必要
  です。
(2) まず最初に、精度良く解析できるメッシュモデルを作成する必要があります。
  高周波誘導加熱装置では一般的に下図のようなパイプ形状のコイルを使用します。
  したがって、下図のような被加熱物とパイプ形状のコイルの部材に周囲の空気を
  含めた  メッシュモデルを簡単に作成できなければなりません。

高周波誘導加熱解析  高周波誘導加熱解析ソフトウェア

(3) 高周波誘導加熱は渦電流のジュール損発熱により実現します。
   したがって、発生する渦電流量を正確に求める必要があります。
  そのためには、被加熱物の電気伝導率、比透磁率およびコイルに入力する電流の
  周波数を理論式に当てはめ、必要な表皮層の厚さを求めなければなりません。

  F-MAG-IHでは、理論式を基に、下図のような計算ダイアログを作成しました。
  必要な表皮層の厚さを求めて、簡単に表皮層を作成することができます。  
  表皮層メッシュは被加熱物のメッシュモデルに追加作成しますので、必要に応じて
  何度でも可能です。

表皮層作成    表皮層作成

解析事例 表皮効果はこちらからご覧ください

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。

ページトップへ