1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 磁場/磁界解析 ソフトウェア F-MAG>
  4. 薄膜ヘッドの渦電流解析事例
静解析モジュール (F-MAG-ST) 適用例
磁場/磁界 有限要素法 周波数応答

薄膜ヘッドの渦電流解析事例

(SRC解析モデル)

コイルに情報記録用の電流が流れると、両側にまたっている磁性体であるヨークが磁化し、磁気回路が構成されます。磁気回路を通過した磁束はギャップから漏れ、記録磁界により記録媒体に情報 を記録します。
しかし、情報記録用の電流は交流のためヨークに渦電流が発生し、磁束の流れが妨げられます。
したがってこの時、どの程度の渦電流が発生するか考慮する必要があります。

今回は薄膜ヘッドに電流を流した時に発生するF-MAG で解析しました。

薄膜ヘッドの外観形状は図1の通りです。

薄幕ヘッドの概観図

図1 薄膜ヘッドの外観形状図

解析結果、ヨークに発生した磁束密度分布は図2の通りです。

薄幕ヘッドの渦電流解析

図2 磁束密度分布コンター図

ヨークに発生した渦電流密度分布は図3の通りです。
ギャップの近傍に渦電流が発生しているのがわかります。
したがって、薄膜ヘッドによる書き込み精度を制御するためには、渦電流を考慮した解析が必要となります。

薄幕ヘッドの渦電流解析

図3 渦電流密度分布コンター図

この解析結果につきまして詳細な内容をご希望の方は、資料請求ページの「ご質問/ご要望等」欄にその旨ご記入ください。

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。