1. Home>
  2. 磁界解析ソフトウェア F-MAG>
  3. 適用事例 磁石による磁界の相互干渉解析

磁石による磁界の相互干渉解析

複数の磁石により発生する磁界の干渉解析

マグネット2個とSS400の1個から構成される円筒形の部材を3セットお互いに近づけた場合の磁界の相互干渉を解析しました。
この評価解析は磁界解析ソフトウェアF-MAGで行いました。

結果として

・ 磁束密度計算結果値
・ 磁束密度分布コンター図
・ 磁束密度分布グラフ

を得ました。

今回基本構成をマグネット2個とSS400の1個の組み合せとし、それを

(1) 1セット
(2) 3セット

の2ケースで解析しました。

1セットの構成は図1のように、3セットの構成は図2のようにしました。図3は水平面との傾き角度です。
3セットの構成モデルでは、磁界(磁場)の相互干渉を解析しました。

解析対象モデル SS400とマグネットの配置図

解析領域(3次元1/2モデル/対称性を利用)

解析領域

モデル化領域

解析領域

計算領域 (1/2モデル化)

実際の解析領域

ソリッドデータから四面体メッシュモデルを作成

メッシュモデル

ソリッドデータから四面体メッシュモデルを作成(部材のみ)

メッシュモデル(部材のみ)

計算に使用した物性値

比透磁率

空   気 : 1.0

マグネット : 1.0

SS400  : 非線形特性(B-H特性:図9)

マグネットの定義:磁化ベクトル(M)で設定

M = Br/μ0   Br:残留磁束密度   μ0 :真空中の透磁率

この評価解析の結果として

・ 磁束密度計算結果値(各軸中心線の交差位置近傍)
・ 磁束密度分布コンター図(各軸中心線の交差位置面上)
・ 磁束密度分布グラフ

この評価解析の結果はダウンロードできます。ご希望の方は、所定の方法でお申し込みください。

お申込みはこちらへ