ITアシストコム株式会社

  1. Home>
  2. CAEソリューション >
  3. 電磁場解析(電磁界シミュレータ)コンシェルジュ >
  4. 技術情報 >
  5. 8.外場機能について(5)

技術情報

外場機能について(5)

モーターやアクチュエータなど運動を伴う解析の手法はいくつかありますが、可動側と
固定側のメッシュの整合が問題となります。

外場機能を使用すると、メッシュの整合性を緩和できることから、運動の取り扱いが容易に
なります。


従来の手法ではコイルと導体のパイプを含んだ一つのメッシュモデルを作成しなければ
なりませんが、この外場機能を組合せれば、コイルのモデルとパイプのモデルを別々に作成し
解析することができます。

今回はパイプの上に配置されたコイルの移動を考慮した渦電流分布の解析をご紹介します。

解析対象

<図1> 解析対象

メッシュ図 全体

<図2> メッシュ図 全体

図1に解析対象が図示されています。

パイプの上に配置された円形コイルに10kHzの電流を流します。パイプは導体としています
ので、渦電流が流れることになります。


場機能を使用するとメッシュの整合を緩和できることから、容易に解析できます。
外場コイルに速度を与え、実際に計算してみました。

解析結果

<図3> 解析結果 電流密度 コイル並進運動 (コイルは非表示)

解析結果 アニメーション
<図4> 

図4は、個々の計算結果をアニメーションにして図示してみました。

5回にわたり外場を使用することにより、メッシュ作成の手間の軽減、遠方場の計算、運動の
取り扱いが可能になることをご紹介致しました。

戻る 技術情報トップページへ

ページトップへ