ITアシストコム株式会社

  1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電磁場/電磁界解析コンシェルジュ>
  4. 磁界解析ソフト F-MAG 製品概要 >
  5. F-MAGによる磁界解析事例 >
  6. モータのコギングトルク解析


誘導加熱解析事例

磁場/磁界 有限要素法 静解析

クローポール型モータのコギングトルク解析

着磁解析(F-MAGの着磁解析事例参照)で
解析された永久磁石をクローポール型モータ
に組み込み、発生するコギングトルクを
F-MAGで解析しました。

今回の解析対象は、図1に示すような、直径が
35mmのクローポール型ステッピングモータで、
内部構造は図2~3のようになっています。
クローポール型モータ概観図
図1 クローポール型ステッピングモータ
外観図
クローポール型モータ概観図 クローポール型モータ概観図
図2 クローポール型ステッピングモータ
の断面図
図3 固定子分解構造図
生じる磁界の対称性を考慮して、今回の
解析領域を図4のように定義し、図5の
ような1/12の解析モデルとしました。
クローポール型モータのコギングトルク解析
図4  解析領域
クローポール型モータのコギングトルク解析 クローポール型モータのコギングトルク解析
図5 解析モデル
の断面図
図5 解析モデル

解析結果は図7~8のようになりました。
図7は可動子の機械角とその時に生じるコギングトルクを表しています。

解析結果は次のようになりました。

クローポール型モータのコギングトルク解析 回転による磁束密度分布の変化
図5 解析モデル
の断面図
図5 解析モデル

参考文献

「最新有限要素法による電気・電子機器のCAE」

伊藤昭吉、河瀬順洋共著

森北出版株式会社

ページトップへ