1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電場/電界解析ソフトウェア F-VOLT>
  4. 電極間の静電容量解析事例
電界 有限要素法 静解析

電極間の静電容量解析事例

1.概要

下図のような静電界解析を行った同じモデルに対して、静電容量解析を行いました。
電極間の球体が金属の場合と誘電体の場合で電極間の静電容量がどのように変化するか電界解析ソフトウェアF-VOLTで評価解析しました。

電極間の静電容量解析事例

図1 ソリッドデータ外観図

電極間の球体が金属の場合、その周囲は同電位になりますので(浮導体) 、その境界条件を設定しました。

静電容量解析モデル 外観

物性条件

比誘電率
ケース1 ケース2 ケース3
球    体 1(金属) 100
誘  電  体 100

解析の結果は、下記の通りです。

静電容量計算結果(単位:pF)
ケース1 0.834
ケース2 0.815
ケース3 16.4

この評価解析は電界解析ソフトウェア F-VOLT で行いました。

F-VOLT につきましてこちらへ

評価解析につきましてこちらへ

この解析結果につきまして詳細な内容をご希望の方は、資料請求ページの「ご質問/ご要望等」欄にその旨ご記入ください。

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。