1. Home>
  2. CAEソリューション>
  3. 電磁場/電磁界解析(電磁界シミュレータ) ソリューション>
  4. 可動鉄心の運動解析事例

静解析モジュール (F-MAG-ST) 適用例

磁場/磁界 有限要素法 過渡応答

可動鉄心の運動解析事例

磁界解析ソフトウェアF-MAGでは、物体の運動解析を行うことができます。
例えば図1のように、電磁石に可動鉄心が吸引されるモデルの場合、可動鉄心が吸引されると固定鉄心との間隔が徐々に狭まりますので、従来の方法であれば、その間隔ごとにメッシュモデルを作成する必要があります。

電磁石モデル外観図

図1 電磁石 モデル外観図

しかしF-MAGでは、図2のアニメーションのように、メッシュが自動変形して各間隔に適応しますので、メッシュモデルを作成し直す必要はありません。

自動メッシュ変形機能

図2 自動メッシュ変形機能

F-MAGでは、この自動メッシュ変形機能を利用することにより、電磁力による物体の時々刻々の運動を解析することができます。

磁束密度コンター図

図3 磁束密度コンター図

この解析結果につきまして詳細な内容をご希望の方は、資料請求ページの「解析事例説明希望」欄からお申込みください。
[解析事例説明希望] ⇒ [磁界解析ソフトウェア (F-MAG)] ⇒ 「解析事例選択欄」⇒ [その他] ⇒ 入力欄に「可動鉄心の運動解析事例」とご記入ください。
お申し込み確認後、メールで連絡させていただきます。

説明はオンラインで実施させていただきますが、ご要望があれば、資料を添付してメールで説明させていただきます。