1. Home>
  2. 電界解析ソフトウェア F-VOLT>
  3. 電界解析ソフトウェア F-VOLT 製品概要

F-VOLT 製品概要

[ F-VOLT ] はシーメンス( Siemens )のプリ・ポストプロセッサ[ Simcenter Femap ] と磁界解析専用ソルバーから構成されています。
[ Simcenter Femap ]はNASAを初め、航空機、自動車、造船、重工業、建築・建設、精密、電機などの幅広い分野で使われています。

[ F-VOLT ] はCADデーターから自動的にメッシュモデルを作成できます。
作成後も[メッシングツールボックス]を利用して、メッシュモデルを対話的に最適化できます。

CADデーターが無くても図面からCADデーターを作成できます。
図面から2次元/3次元メッシュモデルを作成することもできます。
したがってCADデータの無い開発の初期段階でも電界解析を行なうことができます。

[ F-VOLT ] では解析結果表示中にいつでもメッシュパターンを見ることができます。
解析結果に対するメッシュモデルの問題点を検証し、[メッシングツールボックス]ですぐに改善することができます。

[ポスト処理ツールボックス]により、多様な解析結果の処理作業が効率良く行えます。

[F-VOLT] の主な機能は以下の通りです。

有限要素法による以下の解析ができます。

静解析 (F-VOLT-ST)
過渡応答解析 (F-VOLT-TR)
周波数応答解析 (F-VOLT-FR)

解析機能は以下のモデルに対応しています。

3次元モデル

2次元モデル

軸対称モデル

各種形式の3次元CADデータを利用することができます。

F-MAG詳細 詳しくはこちらへ

次の物性を定義することができます。

 比誘電率
線形
非線形 (電場依存性)
非線形 (温度依存性)
異方性非線形

 電気伝導率
線形
非線形 (電場依存性)
非線形 (温度依存性)
異方性非線形

F-VOLT-ST (Static analysis )

静電界解析および電流分布解析ができます。

F-VOLT-TR (Transient response analysis )

時刻テーブルを作成し、時刻歴解析ができます。

スライドインターフェイスにより、電気力による物体の運動を時々刻々求めることができます。

解析解により遠方場の解析ができます。

F-VOLT-FR (Frequency response analysis )

周波数を設定し、周波数応答解析ができます。

時間の関数テーブルを設定し、解析対象の相対位置を変化させて連続実行できます。

時間の関数テーブルを設定し、入力の振幅を変化させて連続実行できます。

解析結果として、電位分布、電界分布、電流分布、電束密度、電荷密度などが得られます。

F-VOLT-ST/TR/FR 共通

電界解析の場合は、境界での電位および電荷分布から電界分布の計算を行います。

電流分布解析の場合、境界での電位から導体中を流れる電流の分布を求めます。

解析結果として、電位/電界分布、電流分布、電束密度、電荷密度などを計算できす。

浮導体が存在するような同電位条件を入れた計算ができます。

導体内に電流を流した時に発生するジュール熱を計算できます。

誘電損失およびジュール損を計算できます。

多様な電極パターン間の静電容量が計算できます。

電荷の間に作用する電気力、トルクを計算できます。

時間的に変動する誘電体内に生ずる変位電流を考慮した解析ができます。

誘電体内を流れる変位電流と同時に導体中を流れる電流の分布を求めることができます。

スライドインターフェイスにより互いに移動するモデルの解析ができます。

平行移動、回転移動で、(反)周期境界条件を設定することができます。

リスタート機能により、問題発生時に最初からやり直す必要はありません。

受託解析サービス