1. Home>
  2. 電磁界解析ソフトウェア F-WAVE>
  3. 電磁界解析ソフトウェア F-WAVE 製品概要

電磁界解析ソフトウェア F-WAVE 製品概要

[ F-WAVE ] は、プリ・ポスト処理専用ソフトウェア[ Simcenter Femap ] と組み合わせた電界解析ソフトウェアです。
[ Simcenter Femap ] はシーメンス( Siemens )社で開発されたソフトウェアで、Windows上で有限要素法( FEM )解析にプリ・ポスト機能を提供します。
[ Simcenter Femap ] は、米国のNASAで開発されたNastranを初め、多くの解析ソフトウェアのプリ・ポストプロセッサとして、NASAを初め、航空機、自動車、造船、重工業、建築・建設、精密、電機など多岐にわたる産業で使われています。
[ F-WAVE ] はCADデーターから自動的にメッシュモデルを作成できます。メッシュモデル作成後も、[メッシングツールボックス]機能を利用して、より目的に応じたメッシュモデルに、 対話的に最適化することができます。
CADデーターが無くても、図面からCADデーターが作成できます。あるいは直接2次元/3次元メッシュモデルを作成することもできます。したがってまだCADデーターができていない開発の初期段階でも、必要に応じて手軽に電界解析を行なうことができます。
有限要素法( FEM )解析では、原理上、電界の変化が大きい領域の計算精度を向上させるためには、その領域のメッシュを細かくする必要があります。[ F-WAVE ] では、結果表示中でもいつでもメッシュパターンを見ることができます。
したがって、メッシュの粗い領域で電界分布の変化が大きい場合には、[メッシングツールボックス]を利用してその領域のメッシュをより細かく作成し直し、すぐに再計算することができます。
また、[ポスト処理ツールボックス]の豊富なポスト処理機能により、結果処理作業が迅速に行えます。簡単な解析からかなりの経験を必要とする解析まで、広範な磁界解析に対応できます。

[ F-WAVE ] の主な機能は以下の通りです。

  • 有限要素法による周波数応答解析ができます。
  • 3次元モデルに対応しています。
  • 各種CADデータを利用することができます。

F-WAVE

F-wave詳細 詳しくはこちらへ

  • 次の物性を定義することができます。

 比誘電率
等方性線形
異方性線形

 比透磁率
等方性線形
異方性非線形

  • 入力条件として、電場、電流、電流密度が入力できます。
  • 入力値の振幅や周波数を変えて連続的に計算を繰り返すことができます。
  • TE波、TM波、TEM波のモードを自動入力することができます。
  • 電界分布、磁界分布およびポインティングベクトルなどを計算することができます。
  • 出力される電磁界を、入力波、散乱波、合成波から選択できます。
  • インピーダンス境界で無反射境界を設定できます。
  • 近傍の解析結果を使って、さらに遠方場を解析的に計算することができます。
  • 複素誘電体を考慮した解析ができます。
  • スミスチャート上に、反射率および特性インピーダンスで規格化された抵抗値やリアクタンスが一定の軌跡、さらに反射率、抵抗率、リアクタンスの値を各ポートごとに表示することができます。
  • スライドインターフェイス機能により、隣り合った解析対象を移動させながら解析できます。
  • 平行移動、回転移動で、周期境界条件、反周期境界条件を扱うことができます。
  • 導体表面の表面電流と電荷密度を出力することができます。

受託解析サービス