1. Home>
  2. 磁界解析ソフトウェア F-MAG>
  3. 過電流遮断器内の磁界解析事例

過電流遮断器内の磁界解析事例

過電流遮断器内の磁束密度分布

過電流遮断器内のコイルの電流値を増加させた時に、過電流遮断器断面内の磁束密度分布がどのように変化するか解析しました。
過電流遮断器の全体および各部品のメッシュモデルは下図の通りです。

ソリッドデータから作成した四面体メッシュモデル

解析モデル

物性値

今回の解析モデルでは、以下のような物性値を設定しました。

*導電部およびコイル(銅材) ; 比透磁率:1.0
*ヨークおよび可動・固定プランジャー(鉄材) ; 非線形磁化特性
 ・ 下図のような[SPHC]のBH特性を設定しました。
* 空気:比透磁率 ; 1.0

解析モデル

コイルの電流値

コイルに流れる直流電流値は下図のように4段階とし、それぞれの磁束密度分布を比較しました。

磁束密度分布コンター図 (プランジャー近傍断面図)

Q

磁束密度分布ベクトル線図 (ベクトル線長さ調整機能:[ON ) )

磁束密度分布ベクトル線図 (ベクトル線長さ調整機能:[OFF] )

プランジャー近傍断面の磁束密度分布から、可動プランジャーの凸部が磁気飽和に達すると、その周りの磁束密度が増加することがわかります。

この解析結果につきまして詳細な内容をご希望の方は、資料請求ページの「解析事例説明希望」欄からお申込みください。
[解析事例説明希望] ⇒ [磁界解析ソフトウェア (F-MAG)] ⇒ 「解析事例選択欄」⇒ [その他] ⇒ 入力欄に「過電流遮断器内の磁界解析事例」とご記入ください。
お申し込み確認後、メールで連絡させていただきます。

説明はオンラインで実施させていただきますが、ご要望があれば、資料を添付してメールで説明させていただきます。