1. Home>
  2. 磁界解析ソフトウェア F-MAG>
  3. 適用事例 ボイスコイルモータの電磁力解析

ボイスコイルモータの電磁力解析

ボイスコイルモータのローレンツ力解析

ボイスコイルモータ(VCM)の3次元電磁力解析を行い、コイルの電流に働くローレンツ力とヨークの磁束密度分布を求めました。
この評価解析は磁界解析ソフトウェアF-MAGで行いました。
今回は評価解析ですので、下図右側のように、磁石以外のパーツは省略して要素数を少なくし、できるだけ簡略化したモデルで解析を行ないました。

結果として

・ ヨークの磁束密度分布図
・ コイルのローレンツ力分布
・ コイルのローレンツ力

を求めました。

ソリッドデータ

解析モデル

物性

今回計算に使用した各物性は、以下のような値としました。

*空        気  : 比透磁率 1.0
*コ   イ   ル  : 比透磁率 1.0
*マ グ ネ ッ ト  : 比透磁率 1.0
*ヨ ー ク (SPCC)  : 非線形磁化特性
・ ヨーク(SPCC)の非線形磁化特性につきましては、下図のようなBH特性を使用しました。

荷 重

マグネットの残留磁化: 1 x 106 (A/m)
コイルの電流値:70AT

F-MAG:ソリッドデータの読み込み

F-MAG:空気ソリッドデータの作成

F-MAG:1/2モデル化

F-MAG:各部材の物性定義

F-MAG:メッシュモデル作成

F-MAG:磁石への磁化入力

F-MAG:コイルへの電流入力

F-MAG:計算実行/終了

解析結果は 

・ヨークの磁束密度分布図
・コイルのローレンツ力分布
・コイルのローレンツ力

です。

この評価解析の結果はダウンロードできます。ご希望の方は、所定の方法でお申し込みください。

お申込みはこちらへ