1. Home>
  2. 磁界解析ソフトウェア F-MAG>
  3. 適用事例 インピーダンスと共振周波数解析事例

コイル駆動回路のインピーダンス解析事例

インピーダンスと共振周波数の計算

コイルとコアで構成される2組の部品を対向させ、その間を金属片(薄い円盤形状)を通過させた場合に、通貨位置によりインピーダンスと共振周波数がどのように変化するか解析しました。

ソリッドデータ

この評価解析は磁界解析ソフトウェアF-MAGで行いました。
テストピースが無い場合の発振周波数は400kHz、駆動電流は0.3Aとします。フェライトコアに巻いたコイルの電流は、互いに磁束を打ち消し合う方向に流れるとします。

ピースとコアの位置関係



物性値

今回計算に使用した各物性は、以下のような値としました。

コ ア:比透磁率:3000/電気伝導率:0.2(S/m)
ピース:比透磁率:1/電気伝導率:5 x 10e7(S/m)

電流周波数

f = 400kHz

F-MAGによる解析操作

① CADデータの読み込み

② 空気領域の定義

③ 2分の1モデル化

④ 物性の定義

⑤ メッシュ作成

⑥ 表皮層作成

0
⑦ コイルの電流値設定

⑧ 解析条件の設定

磁束密度分布コンター図 (単位:T)

0

磁束密度ベクトル線図 (単位:T)

0
0

インダクタンス

インピーダンス

共振周波数

この解析結果につきまして詳細な内容をご希望の方は、資料請求ページの「解析事例説明希望」欄からお申込みください。
[解析事例説明希望] ⇒ [磁界解析ソフトウェア (F-MAG)] ⇒ 「解析事例選択欄」⇒ [その他] ⇒ 入力欄に「コイル駆動回路のインピーダンス解析事例」とご記入ください。
お申し込み確認後、メールで連絡させていただきます。

説明はオンラインで実施させていただきますが、ご要望があれば、資料を添付してメールで説明させていただきます。