1. Home>
  2. 電界解析ソフトウェア F-VOLT>
  3. ボイド周辺の電界強度分布解析事例

ボイド周辺の電界強度分布解析事例

ボイド(剛性プラスチック成形品の内部に生じた空隙状の欠陥)が電極間のプラスチック中に存在する場合、その周りの電位分布、電界分布を解析しました。
この解析は電界解析ソフトウェアF-VOLTで行いました。

解析モデル概要および印加電圧

電極およびエポキシ樹脂の横幅寸法を[10mm]のモデルを作成して電界解析を行いました。
各電極には、[1v/0v]の電位を設定しました。ボイドの径は、最も影響を受けそうな[φ0.050mm]と設定しました。

解析モデル概要および印加電圧

電極とエポキシ樹脂の幅の決定

電界強度分布グラフより、電極とエポキシ樹脂の幅を下図のように[1mm]に決定しました。

電極とエポキシ樹脂の幅の決定

解析モデル

解析モデル

解析結果

電位分布 (単位:V)

電位分布 (単位:V)

電界分布コンター図 (単位:V/mm)

電界分布コンター図 (単位:V/mm)

この解析結果につきまして詳細な内容をご希望の方は、資料請求ページの「解析事例説明希望」欄からお申込みください。
[解析事例説明希望] ⇒ [電界解析ソフトウェア (F-VOLT)] ⇒ 「解析事例選択欄」⇒ [その他] ⇒ 入力欄に「ボイド周辺の電界強度分布解析事例」とご記入ください。
お申し込み確認後、メールで連絡させていただきます。

説明はオンラインで実施させていただきますが、ご要望があれば、資料を添付してメールで説明させていただきます。