1. Home>
  2. 誘導加熱解析ソフトウェア>
  3. 誘導加熱解析ソフトウェア F-MAG-IH>
  4. 物質の温度依存性

物性の温度依存性

誘導加熱解析では発熱密度分布を求めるために磁界解析を行いますが、その時に使用する被加熱物の「電気伝導率」には、通常温度依存性があり、温度により異なる値となります。
したがって、被加熱体がかなり高温になることが想定される場合、電気伝導率の温度依存性を考慮できることが重要なポイントになります

電気伝導率の温度依存性  物性の温度依存性

熱伝導解析で使用される「熱伝導率」や「比熱」も、通常温度依存性があり、温度により異なる値となります。
したがって、被加熱体の温度分布をより精度よく解析するためには、各物性の温度依存性を考慮できる熱伝導解析ソフトウェアを選択することが必要です。

熱伝導率の温度依存性  比熱の温度依存性

物性の温度依存性

[ F-MAG-IH ]は温度計算を行う毎に物性の変更が必要かどうか確認し、必要があれば自動的に変更して計算を続けます (強連成解析機能)。

F-MAG-IH
誘導加熱解析ソフトウェア[ F-MAG-IH

誘導加熱解析ソフトウェア[ F-MAG-IH ]
誘導加熱による歯車の焼き入れの解析例

誘導加熱による歯車の焼き入れの解析例

誘導加熱解析について詳しくはこちらへ

※各商標または商品名はそれぞれの所有権保持者の商標または登録商標です。